池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第8便「日本人」

マディソンには日本からもいろいろな人が研究や海外派遣などで訪れています。
ほとんどの方は大学の研究者。分野も遺伝子やウイルス、虫や植物に地質学などなど、皆さんその道のスペシャリストばかり。
企業の方も多くいて、車やロボットなどの研究開発に日夜取り組んでいるようです。


バンクーバーの日本人の数には到底及びませんが、こちらは少数ながらも家族で滞在している人が多く、子供を通じて親同士で関わる事も多いのです。
またこの辺境の地?で暮らしている者同士の連帯感からか、お互いいろいろと助け合っていて、コミュニティがしっかりしているような気がします。
まさに運命共同体といった感じですね。


ほとんどの場合旦那さんは昼間は仕事なので、奥さん達は毎週一回どこかに集まってプレイグループという会を開いています。
そこでは子供達同士が日本語で遊べるだけでなく、大人達の貴重な情報交換の場でもあるのです。


とにかく海外に住んでいると、ちょっとした事でも調べるのがひと苦労。
特に来たばかりの頃は右も左も分からないので先輩方のアドバイスは必須です。
それぞれが同じ辛さ、不安さを味わってきているからでしょう、皆とても親切でいろいろとサポートしてくれます。
海外に住んでみないと分からない、日本人の存在のありがたさ。


また旦那さん達もそれぞれの分野を極めんとしている方達ばかりなので、話していてとても面白い。
刺激的で、毎回なるほど~の連続。
僕のいろんな質問にも、的確に分かり易く答えてくれます。
皆さん研究した成果を論文として発表しているからか元々頭がいいのか、その両方だと思いますがとにかく説明が上手い。
分かり易い例を示しながら手取り足取り、これなら誰でも科学が好きになりそうです。


僕にとってはこんなにたくさんの学者さんに囲まれた事はなかったのでとにかく興味は尽きないのですが、それはむこうも同じみたいです。
ただ僕の場合、説明しろと言われてもなにぶん感覚的な事の方が多く、
何となく描いていたらこうなっただの、面白いと思ったから描いただの、、、、、


なんか非常に申し訳ない気持ちになります。

b0290617_22365649.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2013-09-18 22:37