池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第11便「始動」

b0290617_14203371.jpg
引っ越しの次の日からさっそく美術館に通い始めました。


ついに画材も届き、スタジオもパネルも全て準備OK。
随分足踏みさせられましたが、これでようやく今回のプロジェクトが動き出します。
今回の作品サイズは横4mの縦3m。過去最大のサイズです。
作品テーマは災害と生命。
もちろんその根底には3月11日の大震災がありますが、日本に限定せずに世界中で起こりうる様々な災害と、そこから立ち上がる生命の強さのようなものを描きたいと思っています。
今回は決まったテーマがあり、なんとなく波と樹を描きたいという思いはあるものの、それをどういった絵に仕立てるのか。3年かけて描きながら考えていかなくてはなりません。


パネルは1枚が横1mの縦3m。
それが4枚つながって上記のサイズになります。
日本の工房で作ってもらい、船旅を終え無事に届いたそれは1枚で30キロ近くあります。
運ぶのにも美術館のスタッフ二人掛かりです。
いつもは制作中に絵を離れて見るために僕が一人で持ち上げて壁に立てかけるのですが今回はさすがにそうはいきません。
何か対策を考えないと。


スタジオ(日本ではアトリエと呼びますがこちらではスタジオといいます。)は地下にある広い多目的スペース。
いつもは週末ここでアートスクールやイベントなどをやっているのですがこれからの3年間は僕だけのものになります。
天井も高く自然光が入る天窓もあって贅沢な空間。
実際の画面の大きさがどのくらいになるのかを掴むために壁に青テープを貼って見てみることにしました。
う~ん想像以上にでかい!



この地下でこれから制作の毎日が始まるのかと思うとドキドキします。
何しろ自分の部屋以外の場所で制作するのは予備校以来。
毎日朝9時から夕方5時まで絵を描きに出勤というのも生まれて初めてのことなのです。
美術館なのでセキュリティもとても厳しく、毎日5時には美術館を出ないとアラームがなってしまうのでこれまでのように自分の好きなペースでのんべんだらりとはいきません。
家庭と仕事。完全にONとOFFの使い分け。
それが吉と出るか凶と出るかはやってみないと分かりませんが、とにかく不安と期待の入り交じった何とも言えない高揚感。



海外の美術館でみんなに協力してもらいながら未知の領域に挑戦する。
これが幸せというやつでしょう!
[PR]
by mag-ikeda | 2013-09-25 14:20