池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第12便「銅版画」

毎週月曜は美術館が休みなので版画工房に通っています。
もともと同時進行で2つの作品を作れない性分の僕ですが、強制的に休むしかない環境の元ではそのスタイルも変えざるをえません。
これもいい機会と捉えて、ペン画と版画の制作に挑みます。


今日はとりあえず銅板に描いてみた線描を実際に摺ってみます。


銅版画は防食剤でコーティングされた銅の板に針で引っ掻くように絵を描き、それを酸にある時間浸して腐食させることで、描いた部分だけが侵食されそれにインクを刷り込むことで紙に転写する技法です。
僕のいつもの作風がペンを使った細密な絵なのでこれがイメージし易かろうということでやってみたのですが、
白い紙に黒いインクで描くことに慣れてる僕にとっては黒い画面から明るい線を削りだすというこのやり方はずいぶん戸惑います。
黒い部分が白く、明るい部分が黒く印刷されるわけですから。
もちろん左右も反転しているし、気軽に今どんな感じかをチェックすることもできない。
完成予想図がほとんどイメージできないままに下絵は終了、いよいよ摺りの行程です。


ここからは完全に職人さん任せ。
酸に浸している間はすることがありません。
やがて浸し終わった版の上から職人さんがインクを乗せ、擦り、そしてローラーの上に。
濡らした紙をその上に置きハンドルを回し、ローラーが版を通過するとそこには真っ平らに押しつぶされた紙が。
慎重に紙をはがすとそこにはくっきりと印刷された鳩の顔。


初めての版画を目の前にして最初に出た僕の感想は「へぇ~」というなんとも他人事のようなもの。
経験のない僕にはこれがいいのか悪いのかという判断基準がまだないので、ただただ事実を受け入れるしかありません。
こればかりはとにかくたくさん経験するしかないのでしょう。
ただやはり細かいという共通項はあるものの、出来上がりの雰囲気はペンと版画ではずいぶん違います。
これをペン画に近づけてゆくべきか、それとも版画ならではの特徴を前面に出すべきかが思案のしどころといったところでしょうか。

b0290617_19303276.jpg
b0290617_1929845.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2013-09-27 19:29