池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第33便「Public Observation」

美術館の地下にある僕の制作スタジオは平日の1時間だけ一般に公開されていて、毎日何人かが見学にやってきます。
人数は日によって違い、5人くらいの時もあれば30人程のグループの日もあります。
見学は火、木曜は午後1時半から、水、金曜は午後2時半からで、Docent(ドーセン)と呼ばれる美術館のガイドの人に連れられてやってきます。


見学中は撮影禁止、制作中の僕に代わりドーセンの人が作品説明や見学者からの質問に答えます。
また作業机の周りにはロープが張られ、みんな静かにそこから見守るという形式になっているので妙な静けさがあって、逆にこっちが緊張してしまうこともしばしば。
僕としてはもう少しフランクに話しかけてくれた方が気まずさもなく英会話の勉強にもなるので有り難いと思う時もあるんですが、みんな気を使ってかとても静かで、ロープの周りから
ヒソヒソ話しながらじっと見られてるとなんだか動物園の動物になったみたいな気になります。


スタジオの隅のテーブルには僕の作品についての記事や画集、それからスケッチなどがいくつか置いてあり、見学者の人はそれらを手に取ったり進行中の絵を見たりしながらだいたい20分くらいで帰っていきます。
が、中には熱心な人もいてずっと僕の横で作業を見ていたり(1時間見てたところでほとんど進まないのでよく見てられるな~と感心しますが…)
数日おきに訪れる人もいて、そういう人に会えるというのはやはりこちらも嬉しいものです。


先日、10歳くらいの女の子が作品の横に立ってずっと制作を見ていました。
あんまりじっと見てるのでこっちもだんだん気になってきて、手元にあったアイデア帳を見せてあげたらこれまた熱心にページをめくっています。
結局その日は時間いっぱいまでいて帰ったのですが、数日後、また来てくれています。
そしてその日も時間終了までいて、最後にお母さんと一緒にもじもじしながら僕のところにやってきて、
「こないだはスケッチブックを見せてくれてありがとう。とっても素敵だった。」という手紙と、自分で折ったという小さな小さな折り鶴をくれました。
お母さんが言うには、「先日も大興奮で帰ってきてずっと作品のことを話してたのよ。」とのこと。


大人ももちろんですが、こうした子供達が僕の絵を大好きになってくれるということほど嬉しいことはありません。
そこには人種も国境も、堅苦しい知識もお世辞もないですから。


描く気がしない時、スランプの時。
その手紙や折り鶴に、これから何度も助けられることは間違いありません。
b0290617_16432933.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2014-03-12 16:43