池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第34便「凍った湖」

今年の冬は、過去20年間で最も寒いようです。
こちらに長年住んでる人達も口々に「こんなに寒い冬は初めてだ」と驚いている様子。
新参者の僕らにとって初めての冬がこの歴史的寒さというのはラッキーな気がします。
だって来年以降、もうこれ以上のものはないということですから。


さてそういうわけでマディソンを取り囲むように点在している湖も完全に凍りついています。
これは何も今年に限ったことではなく毎年のマディソンの冬の風物詩のようなものらしいのですが、こんなに大きな湖が全凍結しているのを
見るのが初めての僕らには、自然の巨大な力というか地球の持つ威力というか、そんなものを感じずにはいられません。


いくつかの湖の中でも一番大きなものが美術館からすぐのところにあるメンドータ湖。
夏には学生や地元の人の憩いの場として賑やかです。
夏の間は水泳やヨットなどのマリンスポーツ系のアクティビティも楽しめるこの巨大な湖も、冬の間は寒さのせいもあってか人影もまだらで、
晴れた日などは凍った水面の上に降り積もった真っ白な雪と真っ青な空のコントラストが痛いくらいに強く、またどこまでも続くフラットな水平面は自分が認識できる空間のキャパシティを遥かに越えていて、何か得体の知れない不安感を覚えるくらいです。
景色は見とれてしまうほどに不思議ですが、-10℃以上の気温と吹きっさらしの風のせいでカメラを構えても数分がやっとの僕を尻目に、数人の人達が穴釣りをしたりスケートをしたりして楽しんでいます。


先日少し気温が高かったので仕事帰りに写真を撮りに湖を歩いてみました。
60センチ以上の氷が張っているとはいえ、下は冷たく深い湖です。
恐る恐る歩を進めます。
いつもなら車で大きく迂回して行かなければならない空港も、氷の上を歩けば直線距離ですぐそこ。
遠くから見るのとは違い、湖面は雪と風でボコボコしていてスケートをするにはそれなりに整備しないと滑れないということもわかりました。
何人かが黄昏の中を思い思いの方向に歩いています。
二人話しながら歩く人、一人佇み何事か思う人。ずいぶん沖の方でしょう、豆粒のように小さくなってる人もいます。
静かで障害物もない、どこまでも真っ白な世界は何かを考えるのには最適な場所なのかもしれません。


いくつか写真を撮るうちに日も暮れかかり、急激に気温が下がってきたのでいそいで陸に向かって引き返そうとしていると、さっきまで沖の方でポツンと椅子に座ってたおじさんもこちらにやってきました。
話しかけてみるとなんと一日あそこに座って釣りをしていたとか!
あの吹きさらしの中、氷の上に椅子だけ置いて数時間も!
おじさんの話では氷に大きな穴をあけてノーザンパイクというカマスの仲間(60センチくらいあります)を狙ってたとかで、日も暮れて寒くなってきたから帰るとこだとか。


ていうか昼間からとっくに超寒いんですけど!!


こっちの人の平熱、39℃近くあるんじゃないだろうかと本気でそう思いました。

b0290617_1981894.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2014-03-22 19:08