池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第35便「Horse Skiing」

マディソンはバンクーバーと違い山がありません。
あるのはどこまでも続くなだらかな平原とゆるやかな丘ばかり。
今年は雪も多く、湿り気がなくきめの細かいさらさらした雪が誰か滑ってくれと言わんばかりに降り続くのに肝心の場所が…..
スキー狂いの僕にとってはこれほど辛いことはありません。
まさに蛇の生殺しです。


そんな悶々とした日々を知ってか、友人が自宅に招待してくれました。
彼女の家はダウンタウンから車で約1時間。
だだっ広い平原の中にポツンポツンと家が建っているような場所で、周りは見渡す限りの雪野原。
そこにアメリカ人の旦那さんと子供の計4人で住んでいます。
どこまでが自分の庭だかわからないくらいの広い広い土地にニワトリや七面鳥、犬と馬4頭が飼われていて、納屋には秋に仕留めた鹿がそのまま干してあったり
ちょっと大きな冷凍庫には毛皮を売るためのアライグマがたくさん保管してあったりとカルチャーショックの連続!
昔から続くここでの生活の一面を垣間見たようで、改めてここがアメリカ中西部なんだということを実感せずにはいられません。


そんな中、おもむろに4頭の馬の中から1頭を連れてきた旦那さんのアダム。
丁寧にブラッシングしてあげた後、鞍を背中に乗っけます。
僕は間近で見る馬の大きさや息遣いに少々たじろぎながらもその大きな瞳や毛並みに目が釘付け、馬という生き物を観察しながら傍らで手伝います。
と、急にアダムが何か物をとってくるから手綱を持って待っててくれと言うではありませんか!
「え!」
こんなど素人に手綱を持たせて暴れでもしたら!
そんな不安をよそに「優しいから何にもしないよ。」と残しさっさとどっかに行ってしまうアダム。
凍り付いたように固まって手綱を握りしめる僕。
そんな不安をさっそく察知したかのようにブルルと時折大きく首を左右させる馬。


…….賢い馬のこと、こちらの動揺が手に取るように分かるはず!
もしここであのヒヒーン!と後ろ足だけで立ち上がるやつをやられたら!.......


早く!早く来てアダム!


3分が10分にも感じられた頃、その家の7歳の女の子がやってきて「貸して。持っててあげる。」
…….ようやく助かりました。
その子にとっては慣れ親しんだ家族なのでしょう。まるで犬や猫をなでるように上手にあやします。


そして用意も整っていよいよ本日のメインイベント、「馬スキー」の始まりです!
先にハンドルのついた長いロープを持ったアダムが馬に乗り、スキーヤーはそのハンドルを握って引っ張ってもらうのです。
要領は水上スキーと全く同じ。
大喜びの子供達はソリをつけて乗り込みます。
大きなソリに子供が3人、「Go!」の声を合図に走り出す馬。
広い野原をパッカパッカとぐんぐん小さくなっていくソリ。
全力で走ったらソリごと吹き飛ばされてしまうので馬にとってはジョギングくらいなんでしょうが、体感速度はかなりのものだということが帰ってきた子供達の顔で分かります。


そして僕の番。スキーを履いてハンドル持ったらスタートです。
軽快に走り出す第1コーナー。
ドドドッ ドドドッ と響く馬の足音とともに飛び散る雪を浴びながらスキーの感触を味わうというなんとも面白い構図。
第2コーナーを曲がり直線にはいると一気に加速!
ものすごい速力!しっかりハンドルを持って馬の動きを見てないとはじき飛ばされてしまいそう!
さらに地面は時折草や枝が落ちていたり起伏があったりするのでスキーの操作もしなければならず。
遠くで見るより遥かにスリリングで気が抜けません。
そして最終コーナーで膨らみすぎて転ばないよう必死に踏ん張って耐えるとレースは終了。
ここならではの野性味溢れるスキーをしっかり堪能しました。
山は無くとも広い平原と馬がある!
雪とスキーさえあればどこでも滑れるんですね。
そうした飽くなき可能性の探求が遊びの醍醐味とも言えます。


ボートやスノーモービルにはない「馬」という生き物の鼓動をロープから感じながら、
馬上のアダムがさながら戦国時代の武将のように見えました。
となると後ろから追いかけている僕は足軽、いやいや引きずられてるから捕まった落ち武者か?
b0290617_1415274.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2014-03-29 14:16