池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

外部リンク

第47便「コロラドロードトリップ中編」

アスペンでのスケジュールは、
初日の夜…..Wine Crushというイベントに参加
2日目…..Art Crushというイベントの前夜祭的なものに参加
3日目…..Art Crushのオークション&ディナーパーティに出席
4日目…..新しいアスペン美術館のオープニングセレモニーに参加
5日目…..ホテルをチェックアウト

というもの。
ナントカCrushというイベントのことも、そのコレクターさんのこともほとんど何も知らないまま到着したアスペンの街。
コレクターさんからは、「イベントにいくつか招待したいので、夏のひとときをアスペンのホテルでのんびり楽しむようなつもりで来てください」的なニュアンスだったので、
「スキーリゾートの高原でのんびり羽根でも休めるか…」くらいの気持ちです。

着いたその日は夕方遅く、あいにくWineCrushというイベントには間に合わず。
コレクターさんに「今夜は行けない」主旨のメールを入れ、「それなら後日我が家の別荘にどうぞ」とのお誘いに快く了解した後、
初めて訪れたアスペンの街を夕涼みがてらそぞろ歩きました。
アメリカでも屈指のリゾート地というだけあって、大きなスキー場の麓に広がる街はコンパクトながら高級ブティックやギャラリー、レストランなどがずらり軒をそろえ、これからパーティへ行くのか、着飾った人達が目立ちます。
調べたところによるとアメリカ中の大富豪達がこの街から少しのところにある山の麓に別荘を構えていて、夏の間はそこに滞在するんだとか。
ジャックニコルソンやケビンコスナーなど、聞いたことのある映画俳優たちも大勢、ここに別荘を持ってるんだそうです。
日本でいえば軽井沢みたいなもんでしょうか。
そのセレブ達が集まるところにはお金ももちろん集まるってことですね。
レストランの値段といいギャラリーの数といい、山麓の街には似つかわしくないゴージャスな空気がそれを物語っています。

b0290617_1462475.jpg


b0290617_1464194.jpg


翌日は夕方からのプレイベントに参加。
参加といっても街の中のいくつかのギャラリーのオープニングパーティーに顔を出してみるというくらいのもの。
家族で行くのもなんなので、10ヶ月の娘をおんぶして僕だけで行ってみる事にしました。
通りは今日もドレスアップした人々で賑わっています。
華やかな表情で足取りも軽く通り過ぎていく人々を横目に見ながら歩くこと数分、ありましたありました。
結構な広さのギャラリーにセンスよく作品が並べられ、ワインやおつまみを用意したスタッフが来る人来る人に声をかけながら忙しそうに立ち回っています。
中はかなりの人でにぎわい、それぞれがこれまた豪華な出で立ちでワイン片手に何やら楽しげに話しています。
自分のコレクション談義でもしてるんでしょうか?
そんな香水と気品の香り漂うなかを、赤子を背負ったアジア人が一人。否が応でも目立ちます。


内心「うわ〜場違いだなぁ」と萎縮しつつも、得意の「俺はアーティストだから」を自分に言い聞かせ、我関せずの体で作品を眺めていると一人の女性がワイン片手に話しかけてきました。
「あなたもコレクター?」
「へ?いや〜ぼくはそのぅ、アーティストです。」
「あなたもこのイベントに出展してるの?」
「いや、このイベントに招待されて来ました。」
「誰から?」
「えーっと… ジョンフェランという人です。」

「ワーオ!凄いじゃない!おめでとう!」
「????ありがとう…?」


というような会話。
そのギャラリーを出て、別のギャラリーへ行く道すがら、なんと知り合いにばったり遭遇!
マディソンの版画工房で働いてるセスという若者です。
ひとしきりこんな場所での偶然の再会で盛り上がったあとの会話。
「セス、こんなところに何しにきたの?」
「明日からのArt Crushの会場設営に来たんだよ。マナブは?」
「そのイベントに招待されて来た。」
「誰から?」
「え〜っと,,,,ジョンフェラン,,,だったかな。」

「おお!凄いじゃないかおめでとう!めちゃくちゃ有名なコレクターだぜ!!
なんでも彼の別荘にはウォーホルやらクーンズやらの凄い作品がズラリとあるんだぜ俺は行ったことないけど。
彼に呼んでもらったなんて、お前の未来は開けたな!」


「え、そんな凄い人なの??」

全然知らんかった…….
てっきり気のいいコレクターの老夫婦かと….。





そんな会話を数人と交わし、ドキドキしながらさっそくホテルでネット検索してみると、
あったあった。

「ジョンフェラン 投資家 ニューヨークのナントカグループのプレジデント的な立場の人で奥さんのエイミーと共にアメリカ有数の大アートコレクター….etc」


これほんまもんの大物や……..

やべえ
何の準備もしてない….。
てっきり気のいいコレクターの老夫婦だとばかり….。
そんな大物だとはつゆ知らず、すっかり観光気分で来ちゃった….。
みんながおめでとうって言う理由が今分かった!


とはいえ今さら慌てても何も出来るはずもなく、もとより慌てなかったところ何か出来たわけではないですが、
とにかく明日はそのフェランさんの別荘に行く日。
本人がホテルまで迎えに来てくれることになってます!



うう〜何話せばいいんだろ!


b0290617_1474315.jpg





後編に続く...
[PR]
by mag-ikeda | 2014-11-08 19:42 | Comments(0)