池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第50便「新学期」

新学期といえば日本では桜。
ここでは紅葉?
9月に紅葉はまだ早過ぎますが、アメリカではこの時期「祝!卒入学シーズン」なのです。

大学でも8月中盤には卒業していく学生と新しく入ってくる学生の入れ替わりでどこのアパートや寮も引っ越しに大忙し。
路上の至る所に使わなくなった家具が置いてあります。
去年マディソンに越してきた時も8月までアパートは空かないと言われ結局1ヶ月以上ホテルで暮らしたのを思い出します。


そんなわけで5歳になる我が娘もこの夏プレスクールを無事に卒業(卒園?)し、9月から公立のキンダーガーテンに通う事になりました。
キンダーガーテンといえば幼稚園ですが、ここは大きな校舎にキンダーから中学生まで教室があり、廊下を歩くだけでいろんな学年の子達とすれ違います。
日本では入園式は制服にランドセル、お母さんもスーツを新調して桜の木の下で記念写真。というのが定番ですが、
ここではそんなものは何も無し。
子供達は好きな格好に好きなリュック、親御さんもジーパンにTシャツみたいなラフな出で立ちで学校まで送り、初日という事でちょっとだけ教室まで入れるものの、そのままバイバイ。
体育館で校長先生の挨拶もなければ校歌斉唱も、気をつけ前ならえもない、とにかく特別なセレモニーは何にもなく、単なる初日というだけです。

あ、一個あった、学校の裏庭にテーブルがあってそこに簡単なスナックとジュースが置いてあり、親御さん同士で親睦を深めたければどうぞここを使って、みたいなやつ。
ほとんどの人はそのまま帰っていったので我々もちょっと覗いて帰りました。



そんなこんなで日本で育った我々には、こんな大事な節目にここまで何にもないということがなんか落ち着かないというか、はぐらかされたというか、
スタートの合図がないまま何となくみんな走り始めてしまったみたいなもんで、どうも落ち着きません。
そういえば運動会もないんだった。
授業参観はあるのかしら?
このアバウト感…。
親としてはまさに学校ならではの楽しみイベントがないのはちょっと寂しいなぁ〜。

一方で時間や出席は超厳しくて、よっぽど熱が高い風邪を除き欠席は1年間に3日まで。それ以上だと留年の可能性ありだとか。
学校の送り迎えは必ず親が同伴しなければなりません。
そして帰りは3時22分には子供達が校舎から出てくるのでその前に必ず校庭で待っていろとのお達し。
なんでしょう、この2分のこだわりは?



謎や戸惑いも多々ありますが、いい方に考えると大事なのは校長先生の挨拶や行進ではなく、内容だということなのかもしれません。
いろんな国や人種の子供達と共に、たくさんの’’違い’’の中で生活していく。
世の中にはいろんな人や文化があって、みんなそれぞれ違うんだという感覚。
実際教室内ではいろんな言葉が聞こえてきます。
みんな同じで一緒が当たり前という日本の感覚とはだいぶ違いますが、そういう点はアメリカならではで、ここにいなければ学べない大事なことだと思います。

b0290617_2254735.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2015-02-19 22:06