池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第56便 「中島千波先生」

昨年末に嬉しい連絡を受けました。
百貨店の高島屋が主催する「タカシマヤ美術賞」を受賞したのです!
この賞は1990年に50歳未満の美術作家および美術文化に貢献した団体の助成を目的として設立された賞で、他薦によって申請されたのち、作品や活動歴などの審査を経て受賞者が決まるというものです。
今回は大学時代の恩師である中島千波先生が僕に内緒で推薦してくださっていたらしく、思ってもみなかったこのニュースは母国を離れて生活する身にとって久しぶりの日本との繋がりである事と同時に、遠く離れた故郷からの励ましにも似た心強さを感じさせてくれるものでした。
それは卒業してもなお自分の事を気にかけてくださる先生のお心遣いが、故郷の両親の親心と重なって思えたからに他なりません。


助成金200万円は制作中の3年間ほぼ無収入の僕にとって大きな支えになります。
そしてさらに嬉しい事に、授賞式に出席するために日本に帰れるというではありませんか!
久しぶりの日本のお正月を、しかも授賞式で帰れるなんて….嬉しさが沸々と湧いてきます。
本来なら僕だけ帰るところを、ちょうどビザの更新と重なっていたので家族全員で行く事になりました。



謹賀新年とビザの更新も滞りなく終わり、迎えた授賞式の1月19日。
場所は帝国ホテルです。
今回の受賞者は僕を含めて3人の作家さんと2つの団体。
現代美術家の小沢剛さんと漆芸家の笹井史恵さん、長崎ミュージアム振興財団と川崎市岡本太郎美術館。

思い返せば芸大の学生だった頃、高島屋でディスプレイのアルバイトをしていました。
閉店後の店内の案内板やショーウインドウの飾り替えのみならず、子供向けイベントのある時にはドラえもんやシルバニアファミリーの着ぐるみの中に入って風船を配ったものでした。
それがいまやその高島屋から賞をいただけるなんて、画業+貢献度を評価されたみたいで嬉しさも倍増です。



会場にはたくさんの方々。懐かしい顔も大勢あります。
スピーチで上がった壇上から皆さんの顔を眺めてるうちに、普段は思いもしないことですが、僕がマディソンでこうして作品制作をしながら外国の生活を謳歌できるのも、こうしたいろいろな方達からの応援
なくては出来ない事なんだと改めて気付かされました。

そして中島先生との数年ぶりの再会。
いつお会いしてもにこやかで屈託のない笑顔にこちらの気持ちもホッとするというか…ほぐされていくというか、
失礼を承知で言うならば、大好きな親戚のおじちゃんに会った時の安堵感に似ています。
大作家であるにも関わらずこちらが何でも話せてしまう気さくでおおらかな人柄と、作品に対する情熱と厳しくも真摯な眼差しで、先生は会うたびに作家としての大切な言葉をくださいます。

その先生から今回いただいた
「どんなに小さな作品でも決して手を抜いてはいけない。」
というお言葉。


またひとつ僕の中での肝に命じておくべき大事な心得になりました。

b0290617_18194166.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2015-07-10 18:20