池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第57便 「2年」

8月で制作開始から2年が経ちました。
最初は不安だらけだった美術館での滞在制作も、少しずつ小さな壁を乗り越えながら、今ではすっかり自分の場所らしくなってきました。
朝9時から夕方5時までという決められたスケジュールの中で仕事することも一般公開で制作中に他人の目に晒されることも、自分の性に合っていることがわかりました。
もともとが孤独でコツコツ積み上げていく地道な仕事、それゆえよほど静かで集中した環境が必要だと思われがちですが、むしろあまりに静かで孤独だと息が詰まってしまいます。
公共の場で他人の目の前で仕事をするということは、そうした静けさから解放されるばかりでなく、孤独な世界から絵を通して社会と関わっているという実感を僕にもたせてくれ、やりがいと刺激を与えてくれます。


最近ではリピーターもかなり多く、「最初の頃に来たけどすごい進んだわね!」と言われることが増えてきました。
また、新聞や口づてで僕のことを知った人の割合も高く、徐々にこの絵の存在がちまたに根を張り始めているのを実感します。


今回の絵は東日本大震災から想起されたもので、津波や地震で破壊された残骸なども出てきますが、もともと自然災害といえば稀に起きるトルネードくらいで、地震などまったくないアメリカ中西部の人々にとってこの絵がどの程度リアリティを
もって伝わってるか….
おそらく大きく違うでしょうが、それはそれとして皆一様に真剣な面持ちで画面を見つめているのを見ると、それぞれが何かしら感じてくれているんだなと嬉しくなります。



残りの時間はあと1年。わずか1年!
現時点で完成してるのは約50%ほど。これから上半分に取り掛かりますがさてさて何を描こうか。
いつも描きながら全体図を考えてるんですが、2年たっても未だに決めきれずにいる始末。
もうそろそろしっかり構図を決めないといけません。
それさえ決まってしまえばあとはひたすら突っ走るだけ!なんですがこれがまた…. なかなか決められない。

アイデアが浮かんでは消え、浮かんでは消え、
全体像はいまだ薄い霧の中です。

b0290617_21555195.jpg

b0290617_2156121.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2015-08-25 21:56