池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

外部リンク

第63便 「新たな挑戦」

最初の数週間は検査づくめの日々でした。
ほぼ3日に一度はカレンの車で病院に連れて行ってもらい、様々な検査を受けました。。
普段であれば自分で病院を予約して通院、通訳さんを通して診察を受けるというのが一般的なやり方ですが、美術館で僕の仕事を熟知している彼女のこと、あらゆる手立てを尽くして最善の治療を受けられるよう動いてくれました。
元ドクターである夫のマイケルさんも毎日家で僕の症状を聞き、その場で診察と助言をしてくれ、その間カレンはいろいろな人から情報を集めて、どこで治療を受けるのが僕の手にとって最善かを調べて予約し、時には心理学的立場から僕の声を聞いてくれたり。
日々の食事や生活の世話、そして診断や心のケアまで。
これほど手厚い看護を一体誰が受けられるというのでしょう。


病院にはいつもカレンと、彼女の友達で日系人でもあるミナさんが通訳として付いてきてくださいます。
僕の怪我の経緯の説明はもちろん、僕の仕事がいかに細くて、いかに右手が重要かをカレンが切々と説明してくれるおかげで、素晴らしいドクター達に囲まれ,皆が一団となって僕の右手を少しでも早く回復させようとしてくれるのを感じるたびに、言葉では言い尽くせない感謝と幸福感、
しかし一方で、自分のしてしまった過ちの重さに苛まれる日々。
しなくてもいい怪我をしてしまった自分のせいで、こんなに大勢の人を巻き込んでしまっている。
僕の個展のために動いてくれているギャラリーや美術館の方々にも迷惑をかけてしまっている。
日本に帰ってはや9ヶ月、遠い場所から、少しでも制作に集中できるようにと子育てを一手に引き受けて応援してくれている妻の心を裏切ってしまったという気持ち。
カレンの家での生活は僕にとって長年憧れていた生まれて初めてのホームステイ。
家族と離れて一人暮らしの上に今回の怪我が重なったことで図らずしてこの夢が叶い、毎日の英会話や習慣の違いに驚いたりアタフタしたりと落ち込んでる暇がないほど慌ただしい毎日でしたが、
毎晩一人になるとこうした思いに苛まれ,神経のダメージからくる手の痺れや肩の痛みも重なって、今思えば本当に辛い時期でした。


しかし一方で、塞ぎ込んでいく気持ちに発破をかけてくれたのが、先日亡くなった会長の存在でした。
ほとんど動かない右手を見て落ち込みそうになった時に、何度会長に語りかけたでしょうか。
あの何事にもポジティブで、今自分が置かれた環境を精一杯楽しんでいた彼はその都度、
「なんだそのくらい!神経が切れてなくてラッキーじゃん!ちょっと右手には休憩してもらって、その間左手で描けばいいだけやん!」っとケロっとした顔で言うのでした。
その言葉もさることながら、実際に彼が示し続けたあの頃の姿勢が僕の気持ちを奮い立たせ、ようし、それならと左手で描くという挑戦を始めさせたのでした。


「人生は何が起こるかわからない。後悔しても起こったことは仕方がない。
それよりも、それをどう生かし、どう作品に繋げていくかが作家としての本領なんじゃないか。」

ピンチはチャンス。
これで最高の作品ができればそれこそ怪我の功名、みんなの恩に報いるにはこれしかない。



これまでの人生でほぼ一度もまともに使ってこなかった左手。
自分の体の一部でありながら特別注目されることもなく、ほとんどの時間を右手の保護としてしか登場することのなかった左手。
よくよく考えてみれば右手と機能は同じものなわけで、鍛えようによってはそれ同様、もしくは全く別の潜在能力を秘めているかもしれない左手。
これを使わずしていつ使う!?


42年目にして初の主役への抜擢。
責任と期待を一身に背負い握りしめた拳に、力がみなぎっていました。
b0290617_12474123.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2016-07-08 12:48 | Comments(0)