池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

外部リンク

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第2便「アーティスト・イン・レジデンス」

今回は、なぜ僕がウィスコンシン州マディソンに来る事になったのかを簡単にお話しします。

ちなみにこのマディソンは映画「マディソン郡の橋」のマディソンではないのであしからず。
全米にマディソンは10カ所以上あるそうです。


2011年の2月に、文化庁の「新進芸術家海外研修制度」を利用してバンクーバーに渡った僕はこの地がすっかり気に入り、次の年もバンクーバーに滞在する事を決めました。
しかし1年目は国の援助があってすんなり滞在できたこの街も、2年目は何の後ろ盾もありません。
いろいろと相談した結果、バンクーバーで3年かけて1枚の絵を仕上げるという意味での「就労ビザ」を申請したのですが、却下されてしまいます。(詳しくは池田学のバンクーバー日誌へ)
追いつめられた僕はとりあえず観光ビザで滞在しながらここでの制作の道を模索していたのですが、ちょうどその頃、マディソンのChazen Museum (チェイゼンミュージアム)から滞在制作のオファーが舞い込んできたのでした。


ここの館長さんが2011年の震災直後にニューヨークで開催されたグループ展『Bye Bye Kitty !!!』で僕の作品を見て、声をかけて下さったのです。
ここの美術館を使って大きな絵を描いてみないかと。


バンクーバーでは滞在する事自体が難しいのに比べ、ここでは招待されている上に大きな美術館のスペースをスタジオとしてタダで使える。
期間も3年間。そして完成後はここで展覧会もできる…
などなど考えれば考えるほど自分にとってはまたとない話です。


こういう制度を「アーティストインレジデンス」といいます。
国内外からアーティストを招いてそこで滞在制作をする。その間、制作過程や完成作品を一般の市民に公開することで文化交流を計る。というのが大雑把な説明ですが、
アーティストにとってもいろいろな意味でいい制度なので、たくさんの人々が世界中でこの制度を使って活動しています。
期間も10日くらいから数年というものまで様々で、いろいろな条件から自分にあったものを選ぶことができます。
僕の場合はこの美術館のレジデンス第1号ということで、美術館にとっても初めての経験。これから一緒にどうやっていくかを話し合いながらの長い年月がスタートします。


マディソンはウィスコンシン州の州都で、ウィスコンシン大学のキャンパスがある街でもあります。
大学といっても日本のとは桁外れ。どこまでが街でどこまでが大学かわかりません。
とにかくいろいろな学部の建物があちこちに点在していて、大学自体が一つの街のようなものなのです。
世界中から学生や研究者が集まるので文化レベルも高く、治安もいい。
全米一住みたい街に選ばれたこともあるそうな。

b0290617_1172625.jpg

通称「Capital」
州会議事堂です。
[PR]
by mag-ikeda | 2013-08-29 11:11 | Comments(1)

第1便 「到着」

2年半生活したバンクーバーから5時間のフライト。
ロッキー山脈を超えてまもなく、眼下には平野が広がり始めました。
目的地のシカゴに着く頃にはどこまでも広がるモザイク模様の畑、畑、畑….。
山どころかちょっとした起伏すら見えません。
山に慣れ親しんだ僕には不安すら覚えます。
どこにも隠れ場所のない草原で頭上の敵からおびえて暮らす野うさぎって、こんな心境なのかな…などと考えているうちに飛行機は無事にシカゴに着陸。


空港では館長さんがあらかじめリムジンを手配して下さっていました。
ここからハイウェイを走ること約2時間半でこれからお世話になる街、マディソンに到着です。
車内から見る景色はどこまで行っても地平線。
夏特有の湿気を帯びた熱気と、スモッグなのか薄曇った空気の向こうから西日が容赦なく照りつけます。
ついさっきまでいたクリアで涼しいバンクーバーとは大違い。


景色も温度も天候も違う。ここはもうカナダではなくアメリカなのだ。


そう思うと緊張と不安からか、思わず呼吸が浅くなります。
でもきっと、これからの3年間は自分の人生の中でとても重要な期間になるだろうし、そうしなければいけない。
バンクーバーに比べて辛い環境かもしれないけど、それも自分が選んだ道。
むしろ作品のためにはいろいろな誘惑がなく集中できるいい場所なのかもしれない。妻や子供には悪いけれど。


そういうことをいろいろと考えているうちにいつしか眠っていたらしく、
ゴウゴウという音で目を覚ますと、さっきとは一転、信じられないような豪雨の中を車は走っています。
そして猛烈な稲光。

すごい。
なんという激しい天候。
恐ろしいほど広くて暗い空のいたるところから、好き勝手に落ちてくる稲妻たち。
どんなに逃げ回ろうが、この平原では文字通り逃げも隠れも出来ません。
雷に打たれるか否かは運次第なのです。


ああ、もう来てしまったものは仕方がない。
そっちが向かってくるのなら、こっちはぶつかっていくだけの事。
この雨の中を突き進むリムジンが自分のこれからと重なって、気持ちがスッと切り替わりました。


休暇ボケした精神を叩き起こすに十分な、手荒い天気の歓迎でした。

b0290617_1952586.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2013-08-23 19:52 | Comments(0)