池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

58便 「細部と全体」

「細密描写」「超絶技巧」

僕の作品が紹介される場合、ほとんどが細密画特集においてなのですが、それにいつもちょっと疑問を感じてしまいます。
疑問というか、何かちょっと違和感があるというか….
もちろん細密画であるのは間違いないのでそのカテゴリーに入るのは当然と言えば当然なのですが。


僕の中で「細密に表現する」という行為は細かく物を描写することも好きですが、それによって「大きな立体感を生み出す」ために必要不可欠なプロセスだからです。
目の前の大きな山だって、一つ一つの樹や岩の集合体です。
それら樹や岩にも明暗があり空間がある。
それら小さな部分たちが持つ空間が繋がっていって、やがてひとつの山という大きな空間が生まれる。
僕は、そうした空間を作るために部分を細かく描いているのです。
いわばペンで細密に描いていくということは、空間を大きく描いていくことと同じだと思います。

最も大事なのは空間も含めた大きな見え方。全体感。
部屋に入ってまず全体を見て、そこで興味が湧かなければ誰も近寄っては来ないでしょう。
僕の中では細部というのはあくまで付属品であって、一番大切にしているのが全体感なのです。
そういう観点の違いが、前述の違和感につながっているのかもしれません。




日本を出てから、これまで以上に空間を表現する事への欲求が強まってきました。
それはやはり、置かれている環境の変化に他なりません。
北米の大自然を前に、恐ろしいほどの広さに言葉を失う経験が何度もありました。
見晴るかす先まで延々と続く森。山。空。道。
日本で広大だなと感じていたスケールの何倍という物凄い広さに最初の頃は恐怖を感じたほど、そこにあるのは圧倒的な空間でした。
自分が自然物を観察する上でこれまで魅了されていた、「細部のディテールに宿る様々な表情の面白さ」に加え、「それらを内包しながらも圧倒的な空気感を持つひとつの存在」の持つ荘厳さに、ここで気付かされました。


この両方の視点を作品に取り入れたい!
というのが今回のテーマの一つでもありました。

これまでは6畳ほどのアパートの一室で大きな絵を描いてたので離れて全体を見るスペースなどなく、
全体像を常に把握できないぶん細部の描写に頼るところが大きかったのですが、今では十分すぎるほどに広いスペースが与えられている。
絵を壁にかければ全体を眺め、細部と全体を行き来しながら両方の視点で仕事をする事ができる。
これはここだからこそできる事です。




しかしいざ、この両者を同時に描こうとすると、ペン画という性質上、どうしても細部が優先になってしまう。
頭の中に大きな空気の流れのイメージがあったとしても、やはり視覚に直接訴えかけてくる細部のビジュアルにどうしても引っ張られてしまいます。
空気というのは目に見えない分、とてもやっかいです。

このままではいつもと同じになってしまう….
これまでと同じように細部をひたすら積み上げるだけではこれ以上の空気感は出せないなと、直感的に感じています。
しかし下手をすれば今まで積み上げてきたものが台無しになってしまう恐れだってある。
2年間描いてきた分、なかなかその執着を振りほどくのは容易ではありません。



正直、これまで通りやれば、よほどの事がない限り3m x 4m の大作は完成し、それなりに満足はできるものに仕上がる。
よくここまで描いたねとも言われるでしょう。
自分が言わなければ誰も気づかないし、やっぱりこれで良かったのかもな。と思える気がします。

しかし。
それはただ同じ事をより大きな画面でやっただけ。結局は自分が登れそうな山を登っただけ。



心のどこかで言い訳をしたくないのです。



新しい試みをしなければそこで進化は止まってしまう。
挑戦する不安さがあるからこそ、震えるような感動があるのです。


この数週間。
今回の制作の、今が間違いなく一つの山場です。

b0290617_204631.jpg

[PR]
by mag-ikeda | 2015-09-11 20:46