池田学 マディソン滞在制作日記


by mag-ikeda

プロフィールを見る
画像一覧

池田学 / IKEDA Manabu

画家。1973年佐賀県多久市生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
2000年同大学院修士課程を修了。 2011年から1年間、文化庁の芸術家海外研修制度でカナダのバンクーバーに滞在。
2013年6 月末より、アメリカ・ウィスコンシン州マディソンにて滞在制作を開始。

バンクーバー日記


ミヅマアートギャラリー

最新の記事

第66便 「4月」
at 2016-10-15 19:13
第65便 「視点の違い」
at 2016-09-27 21:33
第64便 「初めての絵」
at 2016-07-22 17:48
第63便 「新たな挑戦」
at 2016-07-08 12:48
第62便「ケガ」
at 2016-06-24 20:05
第61便「Karen」
at 2016-06-11 14:07
第60便「新しい命」
at 2016-06-04 12:48
第59便「生きるということ」
at 2016-01-14 17:36
58便 「細部と全体」
at 2015-09-11 20:46
第57便 「2年」
at 2015-08-25 21:56
第56便 「中島千波先生」
at 2015-07-10 18:20
第55便「日本代表!」
at 2015-06-09 21:15
第54便「タイムラプス撮影」
at 2015-05-15 18:39
第53便「Gateとグラウン..
at 2015-04-11 17:25
第52便「Garden of..
at 2015-03-23 17:51

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

検索

その他のジャンル

外部リンク

第6便 「トンボ」

いろんな色がきれいです。

b0290617_21305196.jpg

[PR]
# by mag-ikeda | 2013-09-07 21:31

第5便「忍耐」

もうかれこれ2週間以上、ホテル住まいが続いてます。

というのも全然物件が決まらないからなのです。
というよりも物件そのものが今は少ない。
こちらでは学校の新学期は9月です。入学やら卒業やらで学生の出入りが激しいのは8月中旬。
7月上旬の今はまだ学生が動かないので空きがないのです。


そんな事も知らずに始まったマディソン生活。
最初は館長さんが用意してくれたホテルに小躍りし、芸能人のようなホテル暮らしをしながら部屋でも探すか。という感じだったのですが、
それも最初の数日だけ。
毎日の外食と、効きすぎたクーラー、物件情報とにらめっこの毎日で精神的にも肉体的にも疲れてきました。
そしてなにより宙ぶらりんの状態でいることへの不安感で気持ちばかりが焦ってしまうのです。


携帯を買おうにも、物件がないので買えず。
電車がなく、バスで物件を見に行くには限界があります。そこでまずは車を...とも思いましたがこれも上記の理由で叶わず。
仕方なく、忙しい館長さんの空いた時間に車でいくつか連れて行ってもらいますが、この時期空いている物件は汚かったり高かったり、そしてとても遠かったり。
なかなか条件に合うものはありません。
物件自体が少ないので見つからない日は1日オフ。
こんな状態で観光する気にはなれません。


午前中は自分達でネットで探して内見の予約をし、午後は館長さんの車で現場に向かう毎日。
内見の電話を入れても「じゃあ2日後ね。」と言われる事も多く、またオフか!と二人で顔を見合わせる事もしばしば。
まさかこんなにホテル暮らしが続くとは予想していなかったので、数枚の着替え以外には本も画材もなく。
もうあるもので決めてしまうか!と何度も思う気持ちをぐっとこらえます。
2年間のバンクーバーでは2度引っ越しましたが、いずれも短期住まいのつもりだったので家具は全て借り物、無駄なものがない反面自分の気に入ったものもなく、どこか他人行儀な感じでした。
1日の大半をその中で過ごしていながら、いつまでたっても自分の家という愛着がわかず、結果最後まで仮住まいという印象を拭いきれなかった後悔から、今回は心地いい家にしよう!と決めたのです。


自分達に出来るのは出会いを信じて、とにかく黙々と探し続けるのみなのです。

b0290617_21292874.jpg

[PR]
# by mag-ikeda | 2013-09-07 21:29

第4便 「マディソン」

慣れ親しんだバンクーバーを離れる時にあれだけ不安だったマディソンですが、ふたを開けてみればとてもいいところじゃないですか!
飛行機からの眺めでは一面の平野に太陽が照りつけ、日陰もないのかというくらいの印象でしたが、実際に歩いてみると下界は溢れんばかりの緑。
山はないけれど森が豊富で、広い緑の芝の公園や散策路、池や湖が無数にあります。
樹が多いので木陰もたくさん。
またここぞ!っというところに絶妙にベンチやテーブルが設置してあって、みんな思い思いの涼しい時間をそこで楽しんでいます。


動物もバンクーバーよりもずっと多く、野うさぎやリス、色とりどりの綺麗な小鳥が至る所に。
蝶やトンボなどの昆虫も豊富で、生き物の気配が濃厚です。セミもいるのは嬉しい限り。
郊外に出ると鹿もかなり多いみたいでハンティングが盛んです。
バンクーバーの静かな夏もよかったけれど、日本生まれの僕としては夏はやはりこれくらい賑やかでないとちょっともの足りません。


マディソンの街は大きな2つの湖に挟まれていて、湖の街と呼んでも過言ではないくらい。
日中はたくさんの学生や市民が日向ぼっこをしたり泳いだり。釣りも結構盛んでバスやコイなどが釣れます。
海と湖の違いこそあれど、水辺の風景はバンクーバーとそっくり。
残念ながらこっちの方は平野の湖なので独特の生臭い?臭いはありますが…...


街並もゆったりしていて家と家の間隔が広く、バンクーバーよりも家そのものも大きいようです。
また道路脇の家についても、日本のように道路からすぐに玄関というのではなく、歩道があって庭があってそれから玄関という作りが多いので、広々と見えます。
ほとんどの家は樹々に囲まれていて、いかにも外国の一軒家という感じ。見ていて飽きません。
こういうところが格安で空いていたりしないんでしょうか?


とにかく何につけても広大で、それこそ車がないと生活が成り立たないくらいに土地があり余っています。
空の見え方も半端ではない。
毎日視界の半分以上は空。


気候は日中はじりじりと強烈な日射しですが湿気が少ないので思ったより過ごし易く、今のところ快適です。
時折物凄い雷雨に見舞われる事がありますが、これも大陸っぽくてドラマチック。恐ろしいというより興奮します。
バンクーバーでは真夏でも日陰は涼しく、長袖のシャツは必須だったので、この無防備に半袖と短パンでいれるというあったかさがなにより身にしみます。
ただしホテルやレストランなどのクーラーは効き過ぎているので、結局は長袖が必要なんですが…..


それからバンクーバーとの違いに圧倒的に白人さんが多い事が挙げられます。
また黒人さんもかなりいます。
バンクーバーでは半分が中国系、黒人さんはほとんどいなかったのでちょっと新鮮、さすがアメリカという感じ。
ここではたまにアジア系の人を見かけるという程度で、街中で偶然日本人に出会うという事はまれです。
学生の街なのでインターナショナル。世界各国のレストランもあり、一通りなんでも食べられます。
日本食レストランも3件ほどあって、食材もいくつかの店で手に入るので安心しました。


ウィスコンシン州自体はアメリカ中西部の田舎ですが、このマディソンだけは学園都市という性質上、国際的で差別もほとんどないという話を聞きました。
また都市計画もキャピタルを中心によく整備されていたり、フランクロイドライトの建築した建物があったり、派手ではないけれど特筆すべき点も多々あって、確かにいい街。


バンクーバーにいる時にマディソンの話をしたら、「ああ、あそこはいいとこだよ」と答える人が何人もいて「ほんとに?」と訝しんでいましたが、その理由がだんだん分かってきた今日この頃です。

b0290617_11171794.jpg

[PR]
# by mag-ikeda | 2013-09-03 11:17

第3便 「Chazen Museum」

これからの僕の仕事場、Chazen Museum Of Art。
今後はここに朝9時から夕方5時まで通う事になります。
これまで自宅の一室でしか制作をした事がなかったので、初の出勤、門限、一般公開と初めて尽くしでとても楽しみ。
果たしてこれが吉と出るか凶と出るかはやってみなければ分からない。

あ~早く描きたい!

b0290617_11151862.jpg
b0290617_11153089.jpg

[PR]
# by mag-ikeda | 2013-09-03 11:16

第2便「アーティスト・イン・レジデンス」

今回は、なぜ僕がウィスコンシン州マディソンに来る事になったのかを簡単にお話しします。

ちなみにこのマディソンは映画「マディソン郡の橋」のマディソンではないのであしからず。
全米にマディソンは10カ所以上あるそうです。


2011年の2月に、文化庁の「新進芸術家海外研修制度」を利用してバンクーバーに渡った僕はこの地がすっかり気に入り、次の年もバンクーバーに滞在する事を決めました。
しかし1年目は国の援助があってすんなり滞在できたこの街も、2年目は何の後ろ盾もありません。
いろいろと相談した結果、バンクーバーで3年かけて1枚の絵を仕上げるという意味での「就労ビザ」を申請したのですが、却下されてしまいます。(詳しくは池田学のバンクーバー日誌へ)
追いつめられた僕はとりあえず観光ビザで滞在しながらここでの制作の道を模索していたのですが、ちょうどその頃、マディソンのChazen Museum (チェイゼンミュージアム)から滞在制作のオファーが舞い込んできたのでした。


ここの館長さんが2011年の震災直後にニューヨークで開催されたグループ展『Bye Bye Kitty !!!』で僕の作品を見て、声をかけて下さったのです。
ここの美術館を使って大きな絵を描いてみないかと。


バンクーバーでは滞在する事自体が難しいのに比べ、ここでは招待されている上に大きな美術館のスペースをスタジオとしてタダで使える。
期間も3年間。そして完成後はここで展覧会もできる…
などなど考えれば考えるほど自分にとってはまたとない話です。


こういう制度を「アーティストインレジデンス」といいます。
国内外からアーティストを招いてそこで滞在制作をする。その間、制作過程や完成作品を一般の市民に公開することで文化交流を計る。というのが大雑把な説明ですが、
アーティストにとってもいろいろな意味でいい制度なので、たくさんの人々が世界中でこの制度を使って活動しています。
期間も10日くらいから数年というものまで様々で、いろいろな条件から自分にあったものを選ぶことができます。
僕の場合はこの美術館のレジデンス第1号ということで、美術館にとっても初めての経験。これから一緒にどうやっていくかを話し合いながらの長い年月がスタートします。


マディソンはウィスコンシン州の州都で、ウィスコンシン大学のキャンパスがある街でもあります。
大学といっても日本のとは桁外れ。どこまでが街でどこまでが大学かわかりません。
とにかくいろいろな学部の建物があちこちに点在していて、大学自体が一つの街のようなものなのです。
世界中から学生や研究者が集まるので文化レベルも高く、治安もいい。
全米一住みたい街に選ばれたこともあるそうな。

b0290617_1172625.jpg

通称「Capital」
州会議事堂です。
[PR]
# by mag-ikeda | 2013-08-29 11:11